C A T C H

赤い鳥は人間の愛情や幸福、快楽などポジティブな反面、人間の煩悩や悪、身近に起こる災いなどネガティブな両面を兼ねたモチーフとして表現しています。
現代の子供たちはそれら両方を抱え選択し、手放したり掴みとったりしながら生きていかなければならない。
その一つ一つが大きな球体となり、明るい未来に向けて一斉に飛びたつ事を私は祈って描いています。

Red bird human of love and happiness, positive the other hand, such as pleasure, human worldly desires and evil, such as familiar to happen disaster has been expressed as a motif which also serves as a negative on both sides.
Modern children select suffer from both of them, have to live while grasping you can let go.
The one by one is a big sphere, I have been drawn in the hope that it will take off in unison toward a bright future.

MY SCENERY
MY SCENERY

2018年制作 1500×1600(mm) 紙本墨彩 木製パネル

NIRVANA
NIRVANA

2018年制作 900×435(mm) 紙本墨彩 木製パネル

世界
世界

2018年制作 400×400(mm) 紙本着彩 木製パネル

catch I
catch I

257×257(mm) 紙本着彩 2012年制作

catch II
catch II

257×257(mm) 紙本着彩 2012年制作

catch III
catch III

257×257(mm) 紙本着彩 2012年制作

hearing
hearing

300×250(mm) 紙本墨彩 2012年制作

花ひろい
花ひろい

320×200(mm) 紙本墨彩 2012年制作 個人蔵

new world
new world

300×250(mm) 紙本墨彩 2012年制作  個人蔵