S u i b o k u  + B o k u s a i

「墨」を影だとすると「水」は光に当てはまる。水墨にとって双方はなくてはならない。

私にとって水墨とは滲ませた淡墨に少しずつ黒を挿すように、曖昧で輪郭も何も見えないものに光を注ぎ、形を具象化していく行為です。

それはどこか無から誕生したものがおわりを遂げ、また無になっていく生命にも似たような感じです。

When it's shadow "INK", "water" applies to light. It must be both for Ink.
To put a black little by little to Awasumi that was bleeding and ink painting for me, poured light on those that do not see anything even ambiguous outline, it is the act to continue to embody the form.
It made the end is what you were born somewhere out of nothing, also is feeling something similar in life to go become free.

富士参詣図
富士参詣図

2019年制作 800×1300mm 紙本墨彩 木製パネル

growth
growth

2019年制作 絹本墨彩 軸装

messenger
messenger

2019年制作 200×400mm 紙本墨彩 木製パネル

snow play
snow play

2019年制作 320×320mm 紙本墨彩 木製パネル

diurnal
diurnal
nocturnal
nocturnal
食得系福
食得系福

2019年制作 紙本墨彩 1500×2700(mm) 木製パネル

food chain
food chain

2019年制作 絹本墨画 1090×425(mm) 木製パネル

additive
additive

2019年制作 絹本墨画 1090×425(mm) 木製パネル